【朗報】 高橋由伸監督、無感情地蔵ロボではなかった