主人公「こんな事より早く修行をさせてくれよ!」師匠「実はそれこそが修行じゃったのじゃよ…」