北別府「藤浪くん、君にはあの素晴らしい速球があるじゃないか」