つば九郎「(巨人の)由伸はいやなかおひとつせず、かまってくれた」