「耳をすませば」見て死にかけた奴、ワイしかいない