<侍J・小久保監督>「世界一になりたい」