米国内のWBCへの関心いまだ低いまま