金本「うん、うん。そうよね。」