「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ」