平田「これのどこがVIP待遇なの?」