松本「ほっしゃん。辞めたんやなかったの?」星田「…いつでも辞めますよ」